講演会『スペインの食材で健康管理』開催のご報告

10月31日(木)大使館多目的ホールにて講演会「スペインの食材で健康管理」を開催しました。講師は日本とスペインで栄養管理士の資格をお持ちの、日本人会会員の高本みゆきさん。
 健康食とは各自が目指したり探したりするものによってその定義が異なってくること、今、様々にあるいろいろな食事法とその内容について説明をいただき、総体的に見た健康維持の大切なポイントと、スペインで身近に手に入る食材であるオリーブオイル、にんにく、クルミやアーモンド、サフランの効用、そしてそれらと旬の野菜を使ったレシピを3品提案いただきテイスティングを行いました。
 彩りも味わいも優しく、少しの時間で準備ができるレシピに、参加者の皆さんも新たなヒントを得られ、市場やスーパーでの日常の買い物、自分がベストのコンディションでいられるための食事とはについて、さらに考察いただけるかと思います。
参加者の皆様、講師の高本さん、協力くださった大使館の皆様にお礼を申しあげます。